ESP32用ブレッドボード変換基板の紹介

ESP32の各種開発ボードをブレッドボードにつなげる変換基板の紹介です。

特徴1 ブレッドボードとの接続をスリム化できる

一般的なESP32開発ボードはそのままでも、ブレッドボードに接続できますが、基板の幅が大きいため、使用するブレッドボードによっては、回路を組むスペースがとりずらく、結構不便なことがあります。

本製品をつかうと、ESP32とブレッドボードの接続をスリム化することが出来て、ブレッドボード上での作業がしやすくなり大変便利です。

写真左上は、Espressifから販売している純正の開発ボードESP32-DevKitC-32Dを一列に6穴あるタイプのブレッドボードに差し込んだ時の画像です。両サイドに空きスペースがほとんどありませんが、本製品を使うと、写真右上のように空きスペースをしっかりと確保できます。

特徴2 色々な開発ボードで使える

EPS32ボードは、純正の他にもサードパーティ品も色々な種類が販売されています。なかにはちょっとずつボードサイズが違うものもあります。

本製品では、下の写真のように、両サイドのピン間距離( 写真でいうJ1-J2またはJ3-J2)を変えられるようになっているので、例えば、ちょっと幅狭タイプのESP-32S NodeMCUなどでも使うことができます。

確認お願いします

ご購入の前は、使用する開発ボードが上の写真のピン間距離に一致するかどうかご確認頂くと、失敗が少なく安心です。下表で、本製品が使える代表的なボードをリストアップしてみましたので、参考にしてください。

商品ゲットして、使えないじゃんという不幸がおきないようにして、お互い幸せな関係になりましょう。

回路図

付属品

・変換基板 1枚

・ピンヘッダ 2.54mmピッチ 19極メス 3ケ

・ピンヘッダ 2.54mmピッチ 19極オス 2ケ

許容電流

最大許容電流 0.8A

使用方法

使用方法といっても特にありませんが、ESP32側のピンとブレッドボード側のピンで、つながっている箇所は、シルクで同じアルファベットが印記されていますので、それを参考にしながら、作業をしていただければ、と思います。

抜き差しはなるべく、先端をつまむような形で、引っこ抜いてください。でないと、ピンが曲がります。

スイッチサイエンスさんで販売しています。

https://www.switch-science.com/catalog/7354/

それでわ。

Happy ESP32 !

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA