Uncategorized

Raspberry Pi Pico用ブレッドボード+拡張ボード変換基板

Raspberry Pi Pico用の変換基板になります。本ボードを使うと、拡張ボードとブレッドボードを同時につかえます。

拡張ボードをPicoに差すと、ブレッドボードがつかえない

Raspberry Pi Pico用に液晶モニタなどの拡張ボードがたくさん販売されていますが、下の画像のようにボードとPicoを合体させると、未使用のピンにもアクセスできないため、回路作成がしづらくなってしまいます。

合体するとなにもできないのが課題

本製品で、拡張ボードを使いつつ、ブレッドボードにも同時につかえます

本製品を使用すると、下の画像のように拡張ボードとは別に、ブレッドボード用にもピンをのばすことができるので、モニタを使用しながら、ブレッドボード上で回路の検討をするみたいなことも簡単にできるようになります。

pimoroniのpico display packを使用したときの例。

付属の樹脂スペーサで、安定してます

ボードは、角に樹脂のスペーサを配しているので、安定して、作業が行えます。

内容物

・変換基板 ×1ケ

・樹脂ボルトおよびスペーサ ×2セット

・ 2.54mmピッチ ピンソケット 20極メス 2ケ

・ 2.54mmピッチ ピンヘッダ 20極オス 4ケ

※本製品には、Raspberry Pi Pico 本体は含まれていません。

回路図

クリックして拡大

許容電流値

最大許容電流は0.8Aでお願いします。

注意事項

変換基板に実装されているピンヘッダは標準のものを使用しています。

したがって、拡張ボード側で実装されているコネクタとの組み合わせによっては、うまく適合できない場合があります。例えば、 pimoroniのpico display pack では、メス側のコネクタが表面実装品であり、動作には問題ありませんが、コンタクト時にわずかな隙間が発生します。

20セットしかつくっていませんので、お早めにどうぞ。

🙌pico

ArduinoUNO用ブレッドボード変換基板の紹介

Arduino UNOで、ブレッドボードを簡単につかえるようにする変換基板の紹介です。

Arduino UNOで、ブレッドボードを使うには、ジャンパ線などを駆使して、1ピンずつボードとつなげていく必要がありますが、使用するピンが増える程、配線が複雑になり面倒ですよね。

本製品は写真のように、Arduinoとブレッドボードを接続することで、ブレッドボード上からArduinoのIOに簡単にアクセスすることができます。

特徴1 ジャンパ線なしで、Arduino UNOとブレッドボードをつなげられて、すっきりできる

本製品はArduino UNOに付属する透明の樹脂カバーを装着した状態で、一般的なブレッドボード(厚み9mm)を使用した時に、ぴったり固定できる設計になっています。

樹脂カバーなしの状態でも、付属のボルトで高さを微調整することができるので、安定して使用できます。

特徴2 付属ボルトで高さ微調整

付属しているボルトはM3サイズですので、付属品では、調整しきれない場合は、ホームセンタなどで、最適な長さのものをお買い求めください。

特徴3 LEDの確認やSW操作もできる

基板は中央部をくり抜いているので、使用中でもArduinoのLEDの点灯や、SW操作も問題なく行えます。

SSWS

回路図

付属品

Arduino UNO用ブレッドボード変換基板 1枚

高さ調整用ボルトセット M3 1セット

ピンヘッダ メス Arduino接続用 一式

ピンヘッダ オス ブレッドボード接続用 一式

最大許容電流

0.8Aまでのご使用で、お願いいたします。

使い方

シルク印刷された同じアルファベット同士が導通しているピンになりますので、それを参考に作業をしてください。

また、お使いのブレッドボードとUNOの高さが合わない場合は、下写真のようにボルトセットを取り付けてください。大体ベースの9mmから最大11mmまで調整できます。だいたいクレジットカード3枚分です。

ご注意

・本製品はすべてのブレッドボードで使用できることを保証するものでは、ないので、ご注意ください。

・調整用ボルトをご使用後でも、安定性にまだ、ご不満がある場合は、UNO基板に空いてある穴を利用して、スペーサを追加することをお勧めします。より安定して、作業がしやすくなります。

以上です。Happy UNO !